幹事の挨拶/司会進行の例文集 | 歓送迎会・忘年会/新年会・コンパ/同窓会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

幹事は会の司会進行も任される立場です。挨拶はスムーズな進行のためにも、重要なミッションです。

初めての幹事を引き受けた場合は特に、絶対に失敗できない一方で、何を話せば良いのかわからないことでしょう。

本記事では、社内の歓送迎会や忘年会、同年代が集まる同窓会やコンパなど幅広いシーンを想定した例文をまとめています。開会の挨拶から締め、二次会の案内まで、会の進行に欠かせない挨拶の例文を網羅的に集めました。

>>【幹事必見】コピペで使えるメール文例集

【挨拶の基本的な流れ】

歓送迎会

①開会の挨拶&乾杯
②贈る言葉(送別会時)
③主賓の挨拶
④締めの挨拶

忘年会/新年会

①開会の挨拶
②はじめの挨拶
③乾杯の発声

コンパ/合コン

①乾杯
②締めの言葉
③二次会の案内

【歓送迎会】

開会の挨拶&乾杯

お疲れさまです。これより、◯◯さんの歓迎会/送別会を始めたいと思います。

早速ではございますが、みなさまお手元にグラスの準備はよろしいでしょうか?

それでは、乾杯!

贈る言葉(送別会時)

さてみなさん、この度、転勤(退職)される◯◯さんに向けて、特にゆかりの深かった方々から、ご挨拶をお願いしております。

△△さん、お願い致します。

主賓の挨拶への前フリ

それでは、いよいよ○○さんよりご挨拶をいただきたいと思います。

○○さん、どうぞよろしくお願いします。

コツ:挨拶は事前にお願いしましょう

締めの挨拶

宴もたけなわではございますが、個々で一旦、お開きとさせていただければと思います。

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

それでは、お手を拝借、(かけ声)よー(一本締め・三本締め・一丁締め)」

【忘年会/新年会】

社内飲み会の中でも、忘年会や新年会は全社員が集まる特にオフィシャルなものです。立場の高い人に挨拶を依頼して、幹事はそのつなぎ役として進行を進めていきましょう。

開会の挨拶

それではお時間になりましたので、◯年度の忘年会(新年会)をはじめさせていただきます。

本日の司会進行を務めさせていただく××と申します。よろしくお願い申し上げます。

はじめに○○社長(役職名)にご挨拶を頂戴したいと思います。
それでは○○社長、よろしくお願いします。

コツ:挨拶の順番に気をつけよう

基本的には立場が上の人から順にお願いするのがベターです。こちらも事前に挨拶をお願いしておきましょう。

乾杯の発声

◯◯社長、ありがとうございました。
それではグラスの準備も整ったようですので、乾杯に移りたいと思います。

皆様、お手元のグラスにお飲物をご用意ください。
まだ飲まないようにお願いします!

乾杯のご発声は△△部長からお願いできればと思います。△△部長、よろしくお願いします。

コツ:はじめの挨拶と合体させるとコンパクトに。

はじめの挨拶と同時に乾杯まで依頼する際は事前の依頼を忘れずに。「はじめの挨拶は誰に、乾杯は誰に依頼する予定です。」など、会の進め方を簡単に共有しておくと良いでしょう。

閉会/締めの言葉

皆さん、宴もたけなわではありますが、お時間のほうがまいりました。

締めの挨拶を、○○部長(役職名)にお願いしたいと思います。○○さん、よろしくお願いします。

コツ:立場の高い人に依頼しておくとベター

社会人であれば、上の立場の人が話している時に私語をすることがマナー違反であることは常識です。
会をきちんと締めるためにも、部長や役員など、高い立場の人に一言だけでも依頼しておきましょう。
次の二次会の案内も耳に届きやすくなります。

二次会の案内

◯◯部長(役職名)ありがとうございました。この後は、2次会を××(場所名)で抑えております。

参加いただける方は、引率にご同行いただければと思います。お忘れ物にお気をつけください。

コツ:用意していない場合は速やかな解散を

【コンパ/同窓会】

合コンや仲の良いメンバーを中心としたちょっとした同窓会などを想定とした例文集です。

乾杯

みなさま、本日はお忙しいところお集まりいただきありがとうございます。

楽しい時間を過ごして、新たな交流(同窓会時:さらなる旧交)を深める場にしていただければと思います。それでは、乾杯!

締めの言葉

宴もたけなわですが、一旦締めの時間が近付いてまいりました。

今日を機会に、今後もこのメンバーで集まる機会があれば幸いです。

二次会の案内

二次会の場所を抑えておりますので、みんなで移動できればと思います。忘れ物の無いようにだけお気をつけください。

もし来ることが難しい方がいらっしゃいましたら、幹事までご連絡ください。

コツ:締めからスムーズに二次会へ

少人数での開催であれば、全員来てもらうことを前提に進めましょう。万が一本当に来れない人が出た時のフォローを忘れないでください。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク