【マーケター×副業】ブログ記事作成スピードをあげる3つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

こんなサイトが出てくるくらいには、ブログ運営の到達点として「100記事」を掲げている人が多いんですね。

もちろん、最大限ブログに時間を突っ込むことが一番大事です。

ただ、サラリーマンとして副業でブログを運営するマーケターであることを前提とすると、1記事あたりにかける時間を短くすることも考えておきましょう。

今回は、効率的にブログ記事を作成するための方法について紹介していきます。

 

①机に向かって記事ネタを考えない

ブログはじめたての人に多いのが、「ネタを考えること」に最も時間を取られるという問題です。

そもそも机に向かってから初めてネタを考えていると手が動かなくなります。

常にブログの記事ネタが無いか、頭の片隅で探しておく習慣を身につけると初速が圧倒的に変わります。

また、どちらかというとネタは作りに行くものという感覚に近いかもしれません。

知人から相談を受けた時など、行動の記録をブログで記事にして発信するなど良い循環ができると、記事で悩むことも少なくなります。

参考:ブログを始めてみたら、アウトプット思考が身につきそう。

後は日々SearchConsoleを覗いて、流入している検索語句を拾っていくなど、「キーワード」を中心に記事を考えていく習慣をつけるのも

 

②章立てや構成から考え始める

いきなり頭から文章を書き始めてはいけません。

ゴールが見つからない無いままダラダラと書き進めると時間を浪費してしまう上に、読者にとっても何を言いたいかわからない文章になってしまいます。

ブログ記事で伝えたい結論をまずは明確に。そこに至るまでの道筋を大まかに3〜4つの章に分けて考えましょう。

そして、章タイトルの間を埋めていく形で文章を作っていくことで、本来書くべき内容に集中することができ、スピードアップに繋がります。

 

③「6〜7割の完成度で公開」を意識する

ネット記事の最も良い点は、流入数や直帰率などの結果を見ながら追記や改善ができるところです。

記事の完成度を100%に近づけることにも多大な労力がかかりますが、そもそも人に求められていない記事に時間をかけても仕方ありません。

(例えば、SEOを意識するのであれば、Googleに評価されるかどうかは、極端に言うとインデックスされてみなければわからないということです。)

まずは公開を目指して最短で突っ走り、反響があったら完成度を高めていくこうした思考への切り替えができるかどうかもブログ記事作成のスピードに大きく影響しています。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク