ストレス耐性が低いからって夢や仕事を諦めなくてもいい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

似たようなニュアンスのことは私もたまに聞きますが、いつも世知辛い気持ちになります。。
「メンタルが弱い起業家になんて投資しないから、起業家のメンタルヘルス問題には興味がない」と話すキャピタリストと出会ったこともある

ツイートのように、ビジネスを始めるための投資すら受けられないとは世知辛いですね、、、

実際、私も似たようなことを言っているスタートアップ界隈の人を見たことがあります。

考えてみれば当然ですが、そういう人はすでにビジネスなどで成功していることが多いです。

社会的な立場が高い人が言うことは説得力も十分ですよね。

「自己責任」などの強い言葉を浴びせられて、それでもなおやり切れるような強い人でないと、望むような人生を送ることはできないのでしょうか?

ストレス耐性の低いやつはオワコンなのだろうか?

夢や希望を捨てて、地味に生きるしかないのだろうか?

今回は、そんな想いを持つ方に向けて、環境面が整備されつつある現代では、

ストレス耐性の低さは全然挽回できるということを示したいと思います。

科学的な理論に基づいてセルフケアをする方法は昔からありますし、メンタルを支援するテック系のサービスも出てきました。

これらをうまく利用すれば、ストレス耐性が低くてもエキサイティングな人生を生きていくことは可能です。

ストレス耐性の高低で仕事を選ぶのはナンセンス

脳科学で考える「ストレス耐性が低い」と言われる原因とは?

脳科学的には恐怖や慎重さを司る扁桃体という部位がストレスに敏感に反応することがわかっています。

扁桃体が発達している人ほど、ストレスに反応する=「ストレス耐性が低い」と言われてしまっているのです。

脳科学的に有効なメンタルを鍛える3ステップの方法【アプリ/本紹介もあり】

ストレス耐性が低いと仕事や就活で不利?

ぶっちゃけ仕事ができるかどうかとストレス耐性はあまり関係ありません。

自分の脳の性質を理解して、仕組みを整えればOKです。

これってストレス耐性の高い低いに限らず、普通に仕事をしていく上でみんななにかしら対策していく必要があることと変わりはありませんよね?

また、就活においても圧迫面接的なことをして、その場で臨機応変に対応できるかというところを見る会社もあります。

ただ、採用基準というものは個々の企業の方針で変わる曖昧なものです。

ストレス耐性が低いという理由で落とされても、単にその会社と相性が悪かったと思えばOKです。

やりたい仕事や業界自体は諦めず、とにかく打席数を稼ぐスタンスでいきましょう。

自信が無いなら一人で小さく始めよう

やってみたいと思ったら個人でサクッと始めてしまえるのが、ネット時代の良いところです。

たとえば、「メディアを立ち上げたい」、「マーケティングの仕事がしてみたい」「お金を稼いでみたい」のであればブログから簡単にビジネスをスタートできます。

また、「人の役に立つITサービスを作ってみたい」のなら、progateとか学習支援サービスに課金して努力すれば、ちょっとしたものはすぐに作れるようになります。

高速で学びたいならプログラミングスクール(techcamp、diveintocodeなど)に通ってみるのもいいと思います。

悩んでいるなら体験会やイベントに行ってみるのがおすすめです。

私も実際に参加したことがありますが、動くものを通しで作る経験が1日で積めました。

人は形あるものや数字に動かされます。

まずは一人で始めて、実績を積み重ねていけばそもそもストレス耐性に影響されることすら無くなります。

ストレス耐性が低い人のためのセルフリカバリー術

そうは言っても今のままじゃやっていける気がしない、、

とにかくストレス耐性の弱点をなんとかしたい。

ストレスを感じたら解消する方法がたくさんありますし、今やストレス耐性は後天的に高めることも可能です。

ストレス耐性を高める

ストレス耐性そのものを高める方法はすでに確立された方法論がいくつかあります。

人間に標準搭載された脳のバグ「認知の歪み」を矯正する方法では、人間のものの見方にアプローチします。

発想の転換が必要で、難しいですが効果はバツグンです。

また、ストレスが生じるまでの全体像を「ストレッサー」「認知的評価」「ストレス反応」の3つに分解したコーピングという手法があります。

コーピングはその人に状況に合わせたストレス対策を取ることができるので、簡単に始めることができます。

ストレス耐性を高める方法【本の紹介もあり】

自分の強みと弱みを認識する

ストレス耐性と一口に言っても、様々な要素で構成されており、人それぞれに微妙な違いがあります。

まずは自分の強みと弱みを認識するところからストレス対策ははじまります。

【チェック/診断アプリあり】ストレス耐性とは?

メンタルヘルステックを先取りしよう!

IT×メンタルケアをテーマにした、いわゆるメンタルヘルステックと言われるサービスが取り上げられるようになってきました。

従来のカウンセリングなどに比べて、より安価で気軽に使えるというのが特徴です。

学生相談室の相談件数が増えるなど、メンタルケアに対する心理的な抵抗もなくなって来たことも追い風になっているみたいです。

es-cort

https://es-cort.co

起業家のメンタルを無料で支援するプログラムです。

いろいろと大変なイメージのある起業家ですが、メンタルの方にも抱えている問題は多いという調査結果があります。

es-cortでは、「つながりによるサポート」をコンセプトに、メンタル面でのトータルサポートが受けられます。

チャットのサポートや、臨床心理士や精神科医など専門家の紹介が無料で受けられるみたいです。

起業家なら申し込んでおかない手はなさそうです。

オンラインカウンセリング

https://cotree.jp

オンラインカウンセリングとは、電話やチャットなどでメンタルカウンセラーに相談できるサービスです。

メリットとしては、対面でカウンセリングを受けるよりも安価かつハードルが低いことがあります。

cotree料金表

運営元のcotreeは、先ほど紹介したes-cortやうつ病に悩む方のオンラインコミュニティも運営している注目の国内メンタルケア企業です。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク