Webマーケターの年収と収入アップの方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

マーケター年収

マーケター志望者

お悩み
マーケターになりたいけど、収入はやっぱり気になる。

マーケターとして収入をあげるにはどうすればいいのかしら?

こうした疑問に現役マーケターの筆者が答えます。

結論、Webマーケティング担当者の年収は30歳前後で400万〜500万円程度。

他の職種に比べて少し高いかなといった印象を持つ方もいるかと思います。

一方で30歳から先のキャリアは描きにくいのが事実です。

全員がマネジメントやスペシャリストになれるわけでもなく、キャリアの中盤以降で年収はなかなか上がらなくなっていきます。

マーケターの年収の相場と収入アップについて、ぶっちゃけた実体験を交えてお話します。

Webマーケターの年収相場とは?

相場

2015年と少し前の記事になりますが、 こちらの記事がとても参考になりましたので、引用してまとめさせていただきました。

出典:ぶっちゃけWEBマーケターの年収ってどのくらい?

上場企業:500万円前後(上場企業の平均と同程度) 広告代理店:20代で500万円なら良い方という印象 事業会社:新卒など低グレードで500万円(開きが大きい)

若手であればだいたい〜500万円、リーダークラスで700万円、 マネージャークラスになると、1000万円を超えるプレイヤーが出てくる感じでしょうか。

1000万超えと聞くと夢がある感じですが、ぶっちゃけ調査対象は上場企業が中心です。

裾野を含めればもっと下がる(若手は300万円台~)のが現実ラインでしょう。

ただ、相場感としては他の職種に比べて少し高い程度ということは言えそうですね。

Webマーケターが年収を上げる方法とは?

まずは目に見える実績と語れるスキルをつけよう

Webマーケティングは専門性の高い仕事であり、ある程度の知見がないと仕事にならないタイプのスキルです。

その一方で、エンジニアなどの専門職に比べて、体系立てて学ぶための教材(progateやスクールなど)があるわけではありません。

※こうした背景には、マーケター自体の人口が少ないことや、ノウハウを社内に持たない企業が多く、マーケティング人材が育たないという問題があります。

独学が難しいため、見習いマーケターはまずは所属先企業で実績とスキルの習得に励むことになります。

現在の所属先の企業で作った実績を引っさげて、より良い条件が望める企業へのステップアップを勝ち取って行きましょう。

より良い条件の会社へ転職を狙うには?(勝負できる環境を探せ)

大幅に年収を上げる方法として軸ずらし転職は有効ですよね。僕も年収240万から1250万まで上げているので、これからも軸ずらし転職でより年収を上げていきます。お互い頑張りましょう!

マーケターの年収は、どちらかと言えば、一つの会社で上を目指すのではなく、転職の度に階段状に上昇させていくイメージです。

マーケターにとって、いつか努力に報いてくれるはずだと期待して待ち続けるのは得策ではありません。

ブランディングやSEOなど短期的な売上に繋がりにくい施策を担当するマーケティング職の年収は、交渉で上げるのが難しいからです。

ぶっちゃけた話をすると、マーケターの成果に対して評価する側が難癖をつけることは比較的容易ですし、私自身も実際そうした場面に出くわすこともありました。

逆に言うと、所属先で結果を出すことができなかったり、裁量権に恵まれなかったりすると、 その後の収入が上がらないのもマーケターのキャリアの難しいところです。

人材会社のエージェントと話すと、目安としてなるべく30歳までには、一つ二つ大きな勝負が出来るような環境を探しておく必要があると言われることが多いです。

【20代転職】マーケティング職に強いおすすめ転職サイト・転職エージェント4選【体験談】

将来はどうなる?副業、フリーランス、起業も視野に

ここまで、Webマーケターの収入に関してお話をしてきましたが、これらはあくまで過去のデータを元にしたものです。

ツイートにもあるように、副業の推奨が進むなど明らかに時代の流れが変わってきました。

これからはたった10年で産業サイクルが移り変わり、企業の寿命はひとりのビジネスマンの職業人生の期間を下回るようになる時代です。

これまでの章で述べたような年収アップはおろか、アメリカのように業績に応じて突然リストラされるなどというケースも容易に想像がつきます。

そのため、個人でも稼いでいけるだけの力をつけることが求められ、副業が推奨されているという流れになっています。

メリットは金銭面だけに留まりません。副業や独立した場合などの収入は青天井になる上、会社の事情に流されることなく欲しいスキルを実践的に身につけることができます。

自ら成長の機会を作り出すことにもなりますので、マーケターであればチャレンジしてみない手は無いと思います。

【2019年】Webマーケティング担当者におすすめの副業とは?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク