マーケティング・企画職に必要なスキル一覧【就活生/未経験向け】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

スタートアップ/新規事業を中心に、マーケティングの仕事を数年ほど経験してきました。

最近では、個人でもビジネスを始めたり、知人づてにマーケティングコンサルの仕事を依頼されるようになってきて日々成長を感じることができています。

ただ、マーケティングについては社内にノウハウのある人がいたわけではないので、今も昔もマーケティングスキルの学習では苦労することが多いです。

特に学生などからするとマーケティングの仕事の実務や実態は未知の世界ですから、

そもそも何を勉強すればいいのかまったくわからないといった状態に陥りがちです。

そこで、当時学生だった自分に向けるようなイメージで、当時知っておけばよかったというマーケターに求められるスキルについてまとめてみました。

①ライティング(文章力)

ライティングはマーケティングを語る上で、最も基本的なスキルです。

例えば、広告などの販促物で潜在的な顧客を惹きつけるような文章を書く能力を指します。

※マーケティングの実務で求められるライティング能力について詳しくは下の記事にて解説しています。

参考:マーケィングに欠かせない「ライティング能力」とは?【書籍紹介あり】

また、実際に私もそうですが、〜30人ほどの小規模な会社であればマーケティング担当者が広報を兼任することもよくあります。

プレスリリース等も書けるようになっておいたほうが良いでしょう。

②Webマーケティング

現在、マーケターの市場価値の話をする際、

Webマーケティングでの実績=その人のマーケティング力を測るものさしとして考えられていると言っても過言ではありません。

Webマーケティングを主戦場としない場合であっても、一通りの経験はしておいた方が良さそうです。

SNSマーケティング

一見とっつきやすそうに見えますが、炎上やブランド損失のリスクもある上に、直接的に集客につなげるのが難しい手法です。

実際、とりあえず作ってみたものの、日々の投稿すらままならないような企業の公式アカウントを多く見かけることでしょう。

しかし、上のツイートのように、SNSでフォロワーを集めたり影響力を高めるための方法論が確立されつつありますので、今が取り組むチャンスだと思います。

SEO

SEO(サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)とは、Googleなどの検索で自社サイトを上位に表示し、ユーザーからの流入を獲得する手法です。

何か目的を持って検索するユーザーに対して、自社のサイトを提案することで、売り上げにつなげやすいというメリットがあります。

また、広告費用がかかりませんので、IT企業であればどこも必ずSEOには取り組んでいると思います。

最近ではAIスピーカーの登場やGoogleのアップデートがあるたびに、「SEOの時代は終わった」と言われることもしばしばです。

ただ、今後もしばらくは最も重要なWebマーケティング手法であることに変わりはありません。

インターネット広告運用

インターネット広告とは、Webサイトや検索エンジンの検索結果ページに広告を掲載するマーケティング手法です。

事業内容やタイミングによって、媒体ごとの成果が大きく異なるのが特徴です。

インターネット広告は配信ターゲットを絞って出稿できるのが強みですが、各媒体は購入につながりやすいユーザーに対して精度の高い広告を配信するために、日々しのぎを削っています。

運用者はそれぞれどんなことができるのか、最新情報は常に追いかけておかなければなりません。

また、できるだけ場数を踏んで、自分の中で業種やケース別の運用パターンを頭の中に数多く作っておくこともレベルアップに重要です。

③プログラミング

SEOでのスクレイピングや業務効率化のために、マーケティング担当者でもプログラミングの能力を求められることがあります。

また、データを活用した広告(フィード広告)の導入をエンジニアと調整を行ったり、

サイト上でのユーザーの動向を計測するためのツールを活用するなど IT系の事業会社を中心にマーケターのWebディレクター化が進んでいます。

参考:マーケターにとって、どのプログラミング言語を学べば、何の役に立つのか?

今後、Webの知識が豊富なマーケターは圧倒的に有利になりますので、マーケターへとキャリアチェンジするエンジニアは、今後ますます増えていくことでしょう。

未経験からマーケティングスキルを身につけるには?

最近ではインターンという選択肢も一般的になってきましたが、そもそも採用されるかどうか、期待する仕事を任せてもらえるかどうかは運の要素も大きいです。

マーケティング職としてスキルを身に着けようと思うと、かなりのコミットメントを求められるのが一般的で、学生インターンの中には休学して働くような人もいます。

しかし、今の生活を犠牲にしてまでスキルを身につけようとするのも考えものです。

学費などの都合もあるし簡単には休学できないという人や、学業もそれなりに頑張りつつ実務的なスキルをつけたいという人にはブログでのアフィリエイトをおすすめしています。

金銭的なリスクも小さいですし(1,000円/月ほど)、学業などの合間を縫ってマイペースに継続することもできます。

ブログを通じて集客し、売上を作っていく試行錯誤のプロセスで、上記で挙げたスキルはつけることができます。

未経験者の方向けのこちらの記事でも同様の手法をご紹介しています。

【体験談】マーケティング就職/転職する確実な方法とは?【未経験/新卒向け】

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク