コミュニティへの所属が幸福度に直結!?【東京暮らし必見】

自分の居場所だと感じているコミュニティの数が多いと回答している人ほど、

日々の生活が充実しているという割合が高くなっていることが調査によって明らかになりました。

続きを読む

コミュニティに熱量を生み、維持する手順とは?

コミュニティ運営に欠かせない「熱量」とは

コミュニティ運営者としては、

やはりコミュニティに参加したメンバーが楽しんでくれたり、一人でに企画したり盛り上がってくれたり、新しいメンバーを連れてきてくれたりするのが理想です。

こうしたコミュニティに対して思いを持って時間を費やしてくれるメンバーが多いほど、コミュニティの「熱量」が高い状況ということができます。

 

続きを読む

【イベント】最先端のコミュニティサービスが集結!〜コミュニティとコミュニティサービスがつくる未来〜

コミュニティテックの領域では、たくさんのサービスが誕生し乱立気味になっています。

現状、コミュニティを始めたいユーザーは何を選べばいいのかわかりにくいので、

コミュニティテックサービスの運営者に集まってもらって各々の世界観を語ってもらいましょうというイベント「最先端のコミュニティサービスが集結!〜コミュニティとコミュニティサービスがつくる未来〜」に行ってきました。

似たようで実は違うコミュニティテックサービス。解決したい課題やアプローチ方法、描いている将来像がみんな違って色んな所に夢が膨らむ会でした。

続きを読む

ブログを始めてみたら、アウトプット思考が身につきそう。

このブログを始めて、まだたったの20記事ほど書いただけなのですが、

アウトプット思考とは何か、ほんの少しだけ感覚的に掴めそうな気がしてきました。

続きを読む

オンラインサロン入会のメリットとデメリット

今やビジネス系のインフルエンサーだけでなく、タレントの方も実践するオンラインサロン。

「コミュニティ」という言葉が盛り上がるきっかけとなり、私の周囲でもオンラインサロンに入会する人が増えてきました。

続きを読む

【初心者向け】他職種でも役立つマーケティング本6選

先日、普段人事とエンジニアをやっている知人のふたりから別々に同じような相談を受けました。

これに限らず、同じようにマーケティングに関する相談を受けることはよくあります。

他の職種であってもマーケティング的な視点が必要とされたり、キャリアチェンジの先としてマーケターは選択肢としてどんどん入ってきそうですね。

続きを読む

【イベントレポート】急成長スタートアップ3社が語るコミュニティサービスづくりのすべて

日頃からコミュニティサービスに興味がありまして、

界隈で注目のLIPS(Appbrew株式会社)、 CARTUNE(マイケル株式会社)、Mirrativの代表お三方が登壇されるイベントと言うことで

エンジニアでもPMでも無いのですが参加してきました。

備忘録もかねて、学びになったポイントを抜粋して共有したいと思います。

続きを読む

【書評】『リクルート「創刊男」の大ヒット発想術』に学ぶユーザーインタビューのコツ

新しくサービスを企画したり、方向性を考え直したりする際、ユーザーインタビューを行うことが当たり前の事と認識される様になってきました。

先日、ユーザーインタビューの本を何冊が読みまして

特にこちらの本が参考になりましたので、ご紹介したいと思います。

リクルート「創刊男」の大ヒット発想術

続きを読む

マーケターにとって、どのプログラミング言語を学べば、どんなメリットがあるのか?

マーケター向けプログラミング言語

AIブームやデータ分析ツールが日々進歩している影響でしょうか。

ここ3〜4年前に比べ、マーケターもプログラミングを勉強すべきという声がますます聞こえてくるようになりました。

Twitter上でも、マーケターがpython言語を学ぶことで凄いことができるという記事が話題になりました。

話題のPython(パイソン)について、マーケティングの活用例に関する記事がなかったので、自分でまとめてみました。

Pythonはヤバイです。SEOやグロースハックなどのマーケで無双が出来ます。

マーケターのスキルセットの中に、プログラミングが必須科目として追加される日も近そうです。

続きを読む

【2019年】Webマーケティング担当者におすすめの副業とは?

マーケティング志望の学生/若手マーケター

「若いうちからWebマーケティングのスキルを効率的に磨く方法は無いかしら?書籍は一通り読んだし、次は実践かなあ。仕事は辞めるほどでも無いけど、できれば副業としてお小遣いくらい稼げたらいいなあ」

こちらのような思いをもつマーケターに向けた記事です。

最近では、Googleが無償で提供するオンラインレッスンや、ノウハウを紹介する書籍も充実しており、Webマーケティングに関する知識を得る方法はネット上だけでもたくさん転がっていますので困ることは無いでしょう。

>>【初心者向け】コンテンツマーケティングで実際に役立った本/書籍7選

一方で、Webマーケティングのスキルアップという観点でいうと、実際にビジネスの現場で試してみる以外に方法はありません。むしろ、副業などを通じて稼ぎながら学ぶのが、もっとも速くかつ質の高い学習方法です。

良い副業の3ヶ条とは?

①時間と場所を選ばない

基本的には学生やサラリーマンなどが副業的に取り組むことを想定しているため、この条件は必須です。

 

平日の就業後や土日を使うのはもちろんのこと、バイトなどとは違って電車で移動している時間や、会社のお昼休みを使ってスマートフォンでこまめに取り組めるようなものが良いかと思います。

 

②自分の裁量で仮説検証ができる

若手社会人ならみなさんならお分かりかと思いますが、
せっかく実績が出ても、自分が工夫した成果だと説得力を持って語ることができないと成果として認められません。

多大な時間を費やした上、自分でもスキルアップしたと認められないというのが最も悲惨な結末です。

また、人に言われたことをしているだけではビジネスマンとしての大幅な成長は望めません。

自分で下した意思決定の回数と振り返りが、マーケターとしての成長へと直結します。

自分の収入を増やすために、Google AnalyticsやSearchConsoleなどWebマーケター必須の解析ツールも自然と使いはじめるようになります。

収入増のための施策を打っているうちに気づいたらスキルアップしている。その結果として収入が増えるという良い循環に持ち込めたらこちらのものです。

 

③実績としてアピールできる

獲得PV数や売上などの実績としてアピールできる客観的な指標があるものがおすすめです。

就職/転職活動などで自分のマーケターとしてのスキルを表現する実績として使えます。

むしろ副業的な稼ぎよりも、実績を活かした転職の方が収入アップに貢献することも考えられます。

 

webマーケティングの副業はアフィリエイトで決まり!?

上記の3ヶ条を満たすWebマーケター向けの副業で最もおすすめなのはアフィリエイトサイトの運営です。

おすすめASPに登録

A8.net

バリューコマース

 

 

【失敗談】7年かけて理解した「まずは行動」が最善の学習方法

私は学部生の頃からマーケティングを学び、就職活動もマーケティング職を志望して中堅ベンチャー企業にて3年務めました。

 

しかし、転職活動の際にマーケターとしてビジネスの現場で使えるスキルや実績がほとんどないことに気づき、これまで無駄に過ごしたと後悔することになりました。社会人4年目にして、新卒レベルでマーケティングのスキルを一から学び直しす羽目になりました。

 

「いつかマーケティングの職種についた時に役立つかも、、」などと書籍を読んで夢想してるだけでは、なんの意味もありません。ひいては学生の頃からアフィリエイトをやっておけば、、、との後悔もあります。

 

順番としてはまず行動。そこから必要に応じて、書籍やネットの記事で情報を収集していくスタイルが最も効率的な学習方法でしょう。

参考:確実にマーケティング就職/転職するシンプルな方法【未経験/新卒向け】

スポンサーリンク