マーケターに資格は必要ない【年収アップ論】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

若手マーケターのよくあるお悩み

マーケターとして年収をあげるには、どんな資格がいいんだろう

マーケティングスキルをアップしたいけど、何を勉強すればいいんだろう

結論からいうと、マーケターに資格は必要ないと思っている派です。

実際、数字をもとに人に語れる実績さえあれば年収アップは可能でした。

もっと言えば、個人でWebマーケティングの副業(ブログアフィリエイト)をするなど、お金稼ぎにフォーカスしていれば、だいぶ楽になっただろうなと後悔もしています。

参考:確実にマーケティング就職/転職するシンプルな方法【未経験/新卒向け】

【結論】マーケターに資格は不要。年収アップには実績がすべて

転職活動で資格が求められたことは無い

私も転職活動をしたことがありまして、Webマーケティング系の会社や事業会社のマーケティング職など、10社近くの選考を受け、無事年収アップで転職することができました。

10社の面接の現場では、どんな資格を持っているか?という質問を聞かれることは一回もありませんでした。

もちろん資格が無いせいで書類審査で落とされるということもなかったです。

逆にマーケティング職としての選考で一貫して問われたのは、
「あなたはどんな施策を実施して、いくら儲けましたか?」というビジネスの本質です。

マーケターには「儲け」に繋がらない資格は不要

確かに、Webマーケティングのコンサルタントなどの職種であれば、

クライアントに対して自分の知識の確からしさを証明するため、また企業から就職の必要条件に設定されているために資格を取得するケースはありえます。

職種から逆算して資格を取得するパターンですね。

一方で、明確に資格を使ってお金を稼ぐイメージがない場合、マーケティング系の資格をむやみに勉強するのは時間の無駄になりがちです。

一般的な感覚からすれば敬遠される考え方かもしれませんが、マーケターを名乗るのであれば、「お金儲け」に全力投球して1から稼ぐ実績を積み上げるべきです。

勉強するべきは資格<すぐ使えるスキル

では具体的に何を学べば良いのでしょうか?

もちろんフェーズによりけりですが、若手マーケターであればセールスライティングと集客のスキルを勉強すべきです。

セールスライティング

人を操る禁断の文章術

セールスライティングの基本的な考え方から、テクニック論まで無駄なく詰まっています。

DaiGo本はタイトルこそ胡散臭い感じなのですが、ハズレがない印象です。

ちなみに、セールスライティング系の本の学習方法としては、あまり何冊も浮気をせず、気に入った一冊を何度も読み込んで自分のものにするべきとよく言われています。

集客スキル(SEO/SNS)

SEOに関しては、まずこちらの書籍を読んで、Web担当者であれば本業のサイトで実践、そうでなければ自分でサイトを作ってみて実践していくのが良いでしょう。

10年つかえるSEOの基本

初心者でもSEOの本質的な考え方がわかる名著です。

ビジネス書の中では圧倒的に読みやすい部類で、1時間くらいで読めます。

これからはじめる SEO内部対策の教科書

HTML内のタグ設計の考え方などがわかります。こちらもいろんなところで紹介されている名著です。

※初心者がワードプレスで個人ブログを始める際は必要ないかもしれません

SNSに関しては、最近ではTwitterのフォロワーを増やす手法もたくさん落ちてますので、こちらも行動あるのみですね。

最短でマーケティングスキルを身につける方法【資格に頼らない】

何度もお話してきた通り、マーケティングスキルを付ける最短の方法は、行動を継続して実績を作ることです。

結論、若手マーケターであれば、ブログのアフィリエイトでPVや収益を積み上げていくのが最適解です。

参考:【2018年】Webマーケティング担当者におすすめの副業とは?

まずは目標として月1万円の自動収入を目指しましょう。

というのもアフィリエイターの90%以上が平均月収1万円以下(出典:日本アフィリエイト協議会)というデータが有り、1万円の壁を超えられるかどうかが大きな分かれ道になっているからです。

始めた当初はなかなか稼げず、苦しい現実を突きつけられることになると思います。

ひとつの企業に一生依存して生きていくことが難しい現代で、マーケターとしてやっていく覚悟をもつのであれば、このくらいの壁は絶対に超えておかなければならないでしょう。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク