【20代転職】マーケティング職に強いおすすめ転職サイト・転職エージェント4選【体験談】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

マーケティング転職

転職でマーケティング職の求人を探している20代

お悩み
Webマーケターとして年収/キャリアをアップしたい。

マーケターとしての経験は浅いんだけど、転職を支援してくれる良いエージェントは無いかしら。

 

私自身、20代半ばで転職をしました。

新卒入社した会社はちょうど3年で退職し、マーケターとして転職活動をしたという経験があります。

転職活動では、10社の転職サイトと転職エージェントに登録・利用しました。

今回は、マーケティング職を志望する20代の方向けに、実際使って良かったおすすめの転職サイト・転職エージェントを4つ厳選してご紹介します。

マーケティング職に強い転職サイト・転職エージェント4選

【type転職エージェント】

転職type type転職エージェント

関東圏の求人が多く揃っています。

大手エージェントの「求人数が多いこと」と「キャリアに関する大量の統計データ」は、キャリアの見通しをこれから立てていく20代の転職には大きな魅力です。

面接後にはエージェントが面接担当からのフィードバックをもらってきてくれたので、振り返って次に繋げる事ができました。

※エージェントによっては、面接やりっぱなしこともありますので、フォロー体制もエージェント選びの重要なポイントです。

シンアド

シンアド転職 広告・PR・デジタル業界の転職支援「シンアド」

WEB広告業界/PR/電博系に強い人材支援サービスです。

『シンアド』では、未経験OKでマーケティング人材を募集していることも多いので、マーケターに転身したいという20代にもおすすめです。

また、マーケティング業界の著名人を迎えたイベントを主催していたりもするので、会員登録してたまに情報をチェックしておくだけでも有益です。

BIZREACH(ビズリーチ)

BIZREACH

会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』

職歴や、描いているキャリアなどのレジュメを掲載しておけば、企業やエージェントから連絡をもらえるスカウトタイプの転職サイトです。

私自身、新卒1年目から掲載していましたが、継続的にマーケティング系の案件が『BIZREACH』から来ていました。

案件の中身も、有名企業が多かったので大手志向の方でも使えるサービスかと思います。

ミイダス

ミイダスミイダス

職務経歴やスキルをもとに、自分の市場価値がわかる転職サイトです。

自分の市場価値を把握しておくために、転職の意志はなくてもとりあえず登録しておくというビジネスマンも多いようです。

一つ注意点として、転職サイト・転職エージェントは複数登録しておきましょう。

結局は、担当者とのマッチングの問題によるところが大きいからです。 忙しい方であれば3つくらい登録しておけばいいでしょう。

【マーケ転職のコツ】まずは登録、転職は動きながら考えるスタイルが最善

少しでもマーケティング転職を考えているなら、動き出すのは「今」が最善

昨今では、限りなく簡単にエントリーができるようになっていますし、転職活動をしていることが会社にバレることもまずありません。

また、そこまで転職を現実的に考えていない際でも、自分の市場価値を知るという観点でも転職活動はおすすめです。

エージェントや採用面接の現場で得られる情報は、自分が採用市場で求められている条件そのままだと言えます。

市場から得られた情報をもとにスキルアップに励むことが年収を上げる最短ルートです。

一方で、会社を辞めてから転職活動に進むというのは、あまりおすすめできません。

動いてみた結果、条件に合う企業が見つからなかったりして所属先に留まるという意思決定をすることもあるからです。

その後の身の振り方を考えるのも、転職先が決まってからでいいと思います。

面接前までに、口コミサイトや企業の採用ページは必ずチェック

いいなと思う企業が見つかったら、最低限の情報収集のため、口コミサイトで社名を検索しておきましょう。

いまどき、企業もネット上にコンテンツをガンガンあげている時代です。

営業の現場などでも同じだと思うのですが、その企業にとって当たり前過ぎる質問は、熱意や能力を疑われることにつながりかねません。

採用ページに乗ってる情報は一通り読んでおきましょう。

マーケター転職する前に知っておきたかったこと【マーケターは副業すべし】

副業

転職の現場において、特にマーティング職であれば、もろに過去の行動や実績を聞かれます。

20代だと経験の面で他の候補者に劣ることが多いので、同じ枠を争う競合マーケターと実績面で不利になることは避けられません。

さらには新卒で入社した会社で大した裁量をもらえなかったり、マーケターらしい仕事をさせてもらえなかった場合は危機的な状況に陥ることになります。

私自身、力をつけたくてベンチャー企業に就職したのに、結果的に何でも屋になってしまったという失敗経験があります。

マーケターとして使える経験を積んで来なかったせいで、転職活動ではなかなか苦労する羽目になりました。

そんな私が当時の自分に一つだけアドバイスをするなら、自分でサイトを立ち上げてアフィリエイトによる副業をするように強くおすすめします。

【2019年】Webマーケティング担当者におすすめの副業とは?

個人のサイトであれば、上司の承認を必要とせず、自分一人で大胆に工夫することができますし、市場からのフィードバックをダイレクトに受け取ることができます。

転職活動の際でもリアリティと、PVや売り上げなど根拠となる数字を持って面接官と話すことができます。

特に未経験の状態でマーケティング職を志望する場合には、ポジションへの本気度を示すことにもつながりますので、副業は必須です。

転職活動でうまく行かなかったマーケターも、とりあえずご紹介した求人サイトに登録しつつ、副業を始めてみてはいかがでしょうか。    

【体験談】マーケティング就職/転職する確実な方法とは?【未経験/新卒向け】

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク