【初心者向け】他職種でも役立つマーケティング本6選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

先日、普段人事とエンジニアをやっている知人のふたりから別々に同じような相談を受けました。

これに限らず、同じようにマーケティングに関する相談を受けることはよくあります。

他の職種であってもマーケティング的な視点が必要とされたり、キャリアチェンジの先としてマーケターは選択肢としてどんどん入ってきそうですね。

また、情報収集の手段として、ブログやtwitterを紹介することもありますが、

やっぱり書籍がとっつきやすいみたいで、書籍の紹介を求められることが多いです。

今回は人事やエンジニアなどマーケターではない人でもマーケティング視点が身につきそうな書籍を紹介します。

 

王道のマーケティング戦略がわかる本

わかりやすいマーケティング戦略

5Forces理論や3C分析など、大学の経営学部で学ぶような王道のマーケティングのフレームワークが網羅されています。

個人的には初学者には、MBA系のマーケティング書籍に取り組むよりも、

これ一冊を何度も読んで頭に入れておいた方が効率的だと思います。

 

企業のマーケティング思考が分かる本

ストーリーとしての競争戦略 ―優れた戦略の条件

成功する企業には一貫した「ストーリー」があり、

思わず人に語りたくなる「ストーリー」の視点から実際のマーケティング戦略を解明しています。

今も成功を続ける企業の事例もたくさん掲載されており、分かりやすく経営戦略の神髄を知ることができる書籍です。

 

ビジネス・フォー・パンクス

スタートアップの尖ったブランディング戦略を学ぶことができます。

活字が苦手な方にも読みやすく、採用マーケティングなどにも役立ちそうです。

 

webマーケティングが知りたい人向けの本

沈黙のWebマーケティング

Webマーケティングの入門書として、知らない人がいないほどの鉄板の書です。

実務的なマーケティングについて知りたい人におすすめです。

 

Work in Progress デジタルマーケティングで大切なこと

AIやデジタルにシフトしていく時代に、「計数感覚」「ファクト思考」「スモールスタート」など

マーケターに求められる思考方法がまとめられています。

 

第一線のプロがホンネで教える 超実践的 Webディレクターの教科書

日々仕事をしていると、マーケターのWebディレクター化が進んでいると感じることがよくあります。

Webディレクション体型だった知識を仕入れておくこともおすすめです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク