【2019年】Webマーケティング担当者におすすめの副業とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

マーケティング志望の学生/若手マーケター

「若いうちからWebマーケティングのスキルを効率的に磨く方法は無いかしら?書籍は一通り読んだし、次は実践かなあ。仕事は辞めるほどでも無いけど、できれば副業としてお小遣いくらい稼げたらいいなあ」

こちらのような思いをもつマーケターに向けた記事です。

最近では、Googleが無償で提供するオンラインレッスンや、ノウハウを紹介する書籍も充実しており、Webマーケティングに関する知識を得る方法はネット上だけでもたくさん転がっていますので困ることは無いでしょう。

>>【初心者向け】コンテンツマーケティングで実際に役立った本/書籍7選

一方で、Webマーケティングのスキルアップという観点でいうと、実際にビジネスの現場で試してみる以外に方法はありません。むしろ、副業などを通じて稼ぎながら学ぶのが、もっとも速くかつ質の高い学習方法です。

良い副業の3ヶ条とは?

①時間と場所を選ばない

基本的には学生やサラリーマンなどが副業的に取り組むことを想定しているため、この条件は必須です。

 

平日の就業後や土日を使うのはもちろんのこと、バイトなどとは違って電車で移動している時間や、会社のお昼休みを使ってスマートフォンでこまめに取り組めるようなものが良いかと思います。

 

②自分の裁量で仮説検証ができる

若手社会人ならみなさんならお分かりかと思いますが、
せっかく実績が出ても、自分が工夫した成果だと説得力を持って語ることができないと成果として認められません。

多大な時間を費やした上、自分でもスキルアップしたと認められないというのが最も悲惨な結末です。

また、人に言われたことをしているだけではビジネスマンとしての大幅な成長は望めません。

自分で下した意思決定の回数と振り返りが、マーケターとしての成長へと直結します。

自分の収入を増やすために、Google AnalyticsやSearchConsoleなどWebマーケター必須の解析ツールも自然と使いはじめるようになります。

収入増のための施策を打っているうちに気づいたらスキルアップしている。その結果として収入が増えるという良い循環に持ち込めたらこちらのものです。

 

③実績としてアピールできる

獲得PV数や売上などの実績としてアピールできる客観的な指標があるものがおすすめです。

就職/転職活動などで自分のマーケターとしてのスキルを表現する実績として使えます。

むしろ副業的な稼ぎよりも、実績を活かした転職の方が収入アップに貢献することも考えられます。

 

webマーケティングの副業はアフィリエイトで決まり!?

上記の3ヶ条を満たすWebマーケター向けの副業で最もおすすめなのはアフィリエイトサイトの運営です。

おすすめASPに登録

A8.net

バリューコマース

 

 

【失敗談】7年かけて理解した「まずは行動」が最善の学習方法

私は学部生の頃からマーケティングを学び、就職活動もマーケティング職を志望して中堅ベンチャー企業にて3年務めました。

 

しかし、転職活動の際にマーケターとしてビジネスの現場で使えるスキルや実績がほとんどないことに気づき、これまで無駄に過ごしたと後悔することになりました。社会人4年目にして、新卒レベルでマーケティングのスキルを一から学び直しす羽目になりました。

 

「いつかマーケティングの職種についた時に役立つかも、、」などと書籍を読んで夢想してるだけでは、なんの意味もありません。ひいては学生の頃からアフィリエイトをやっておけば、、、との後悔もあります。

 

順番としてはまず行動。そこから必要に応じて、書籍やネットの記事で情報を収集していくスタイルが最も効率的な学習方法でしょう。

参考:確実にマーケティング就職/転職するシンプルな方法【未経験/新卒向け】

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク